>

天竺めざして、引きこもる。

いまより知的で気楽に生きるために役立つ本を紹介します。

天竺めざして、引きこもる。

サピエンス全史がガチでおもしろい(下)ー現代的な価値観の形成編ー

サピエンス全史について興味があるけど読むのに躊躇している方向けに、私が本書を読んで、と好奇心をくすぐられた部分を紹介する。 驚くべきことに、人類の行く末を大きく変えるような革命的な出来事の中で、人々が意図して引き起こしたものは一つとしてない…

iPhone版KindleアプリでPrime Reading対象本をカテゴリを絞って表示させる方法

Amazonプライム会員ならだれでも無料で本が読めるPrime Reading。 ただ、対象本を探す際に、カテゴリを絞る方法がわかりずく、なかなかお目当ての本に巡り合えない方も多いのではないか。 そこで、この記事では、iPhone版のKindleアプリでカテゴリを絞り込ん…

サピエンス全史がガチでおもしろい(上)-文明の形成編-

「サピエンス全史ね~、聞いたことあるし、名著って評判だから読んでみたいんだけど、長いし内容も重そうで・・・」 サピエンス全史は「なぜ人類は繁栄したの?」、「文明ってどうやって発展したの?」、「繁栄は、幸福なの?不幸なの?」、という素朴で根本…

【ネタバレ感想】エヴァっぽい何かを劇場で観てきた。-シン・エヴァンゲリオン劇場版-

シン・エヴァンゲリオンを観た。 このブログの主旨に沿わないので、記事にすることをためらったが、 観た直後の生な気持ちをどうしても、言葉に書き残しておきたくて、あわよくば他者のの感想を聞きたくて、記事にしたため、公開することにした。 完全なネタ…

【読書効果UP】kindleアプリ(PC版&iPhone版)でハイライト箇所を一覧出力する方法

kindle本では、読書中に重要だと感じた箇所にハイライトをつけると、あとから簡単に検索ができて非常に便利だ。 ただ、読書後に本の内容の復習やまとめのために、ハイライト箇所を一覧で表示する機能がわかりずらい 。「ノートブックの表示」を開くと、ちょ…

【書評】人類は進歩しているのか?ー「サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福」

(2021年5月2日 追記) ★要約記事を作りました。 ①上巻分 sunuse.hatenablog.jp ②下巻分 sunuse.hatenablog.jp サピエンス全史は「なぜ人類は繁栄したのか?」と言う壮大なテーマを解き明かす。 ボリューミーであるが、専門用語の羅列ではなく、人類の歩みが…

【書評】仕事は楽しいかね?(デイル・ドーテン)

いいえ、ケフィアです。

【書評】お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力……はこう「動いた」(大村 大次郎(著))

歴史の本を読んでいると、 ・なぜ、その時、その国、その人が力をもてたのか? ・歴史的に重大な事件が発生した、必然性は何なのか? について、今一つ腑に落ちないことが多い。 歴史にIFは無いというが、逆にいうとほかの可能性を捨て去る必然性が欲しくな…

ビジネス書をいくら読んでも成果が上がらず絶望しそうな人へ

「仕事で成果をあげたい、そのためにいろいろな本や教材をためしたが、どうしてもうまくかない。。。」という悩みに応える記事である。 巷には、問題解決思考や論理的思考に関する本や○○仕事術などの本が無数にある。私自身色々読みあさった。読んだときには…

【ネタバレなしレビュー】かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 第21巻

「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」はヤングジャンプで連載中の学園ラブコメ漫画。 ギャグのキレ、シリアスな場面との緩急が最高で、笑いと感動で毎回心がぐちょぐちょになる作品。 今回は、2月19日に発売された新刊21巻の見どころを紹介する…

【7つの習慣体験記part 4】「またダメだった」へさようなら!今すぐ始める時間管理 --最優先事項を優先する--

1週間でどれだけ、やりたいこと・やるべきことをする時間がとれただろうか? 平日は仕事で忙しいから、と「土日に頑張ろう」と自分に言い聞かせ、いざ休みを迎えると疲れ果てた心と体は、ついつい休息と癒しを求め、あっという間に日曜の夜。 そして、「また…

変化に対応できる組織!その6つの原則とは ? −−『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』を読んで考えたこと②−−

コロナ禍で「変化」への対応力の重要性を強く意識するようになった。 昔から「変化のスピードが速くなっている中で、云々~~」と言われつづけてきたが、ここまで実感をもって生活の急激な変化を肌身に感じたことはなかった。 この変化にうまく対応できたも…

頭をくすぐられる ---もものかんづめ(さくらももこ)---

優れたものは力が抜けている。 「これは凄いんだぞ!なぜなら、こーで、あーで・・・・・・」と力まれると、その緊張感が気になってしまい、そのもの自体に集中できなくなる。 良いものは、なんかええなぁという感覚が自然と心に流れ込んでくる。 そのような…

【7つの習慣体験記part3】自分の使命“ミッションステートメント”を作る方法--終わりを思い描くことから始める--

7つの習慣を読んだもののここで挫折してしまった人も多いのではないだろうか。 7つの習慣に書かれている内容だけから作成しようとすると、なかなかしんどい。。。 この記事では、実際に私が実践した方法を交えつつ、「個人のミッションステートメント」の作…

【7つの習慣体験記part 2】人生を支配する --主体的である--

今回から7つの習慣を1つずつ、私の体験談を交えて紹介したいと思う。 1発目は、「主体的である」こと。 多くの自己啓発本で大切だとされていることであるし、学校教育や職場でも再三「主体的になれ」と言われる。 ただし、本書の主体性は、一般的なイメージ…

【7つの習慣体験記part 1】 --まずは紹介--

完訳 7つの習慣 人格主義の回復: Powerful Lessons in Personal Change 作者:スティーブン・R・コヴィー 発売日: 2014/05/23 メディア: Kindle版 私は「なんもやる気がしないけど、なんかやっている感出したい」時にはオリラジ中田敦彦さんのYouTube大学を視…

人生をドラマティックに -自分の中に毒をもて(岡本太郎)-

自分の中に毒を持て<新装版> 作者:岡本 太郎 発売日: 2018/02/15 メディア: Kindle版 今回は太陽の塔で有名な、岡本太郎の著作「自分の中に毒を持て」。この本は、私のバイブルだ。何度も読んだが、毎回、人生をドラマティックなものに感じさせてくれる。 初…

我々を拘束する見えない力の正体は(2) ---「空気」の研究---

前回は、本書第1章の『「空気」の研究』の内容に沿って、人々を拘束する「空気」が生成される原理を紹介した。 そして、空気の支配を打破するために、かつては「水を差す」という方法がとられて来たが、現代社会ではそのままでは通用しないということを述べ…

我々を拘束する見えない力の正体は(1) ---「空気」の研究---

組織は一体何に支配されているか? 組織を支配するのは、制度的な権力者、またはカリスマやインフルエンサーだと思っていた。 ところが、ここ数年日本史を学び、なんとなくそう単純なものではないという感触をもち、先日「失敗の本質」を読んだことで、確信…

【一言でいうと?シリーズ】『世界一やさしい「 やりたいこと」の見つけ方人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド』

「やりたいことをやりなさい!」といわれてもねぇ・・・。 やりたいことが簡単に見つかれば苦労しないわけでして、現状への不満は100も200もあるのだが、いざ「何がしたいか?」と問われると、なかなか答えられない。 私も、やりたいことさがしにつまずき、…

【一言でいうと?シリーズ】『東大院生が開発! 頭のいい説明は型で決まる』

ビジネス書とか、ハウツー本って1冊に10個も20個もノウハウがのってって、正直覚えのめんどくせーってなりません? そこで、 「この本の要点を一言でいうと何?」 に答えようっていうコンセプトで、内容のコアを1つ抽出して紹介する企画をしようと思いついた…

嫌な会社を改造するには? −− 『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』を読んで考えたこと①−−

「まったく、ウチの会社は!」 働いていると、多くの人が感じることと思う。 「でも、自分ではどうしようもないし我慢するしかないか・・・、でもやっぱりなんかモヤモヤする・・・」 この感じが、これから数十年続くと思うと、なかなかしんどい。 『失敗の…

「自己」というしがらみを捨てる --「悟り」は開けない--

確固たる「自己」がないという劣等感 私は自己のことを話すのが苦手だ。自分のこと(興味・関心 etc)をうまく説明できないのだ。自分は他者に説明するような中身のない薄っぺらな人間なんだ、と劣等感をずっと、ずっと抱いてきた。 そんな私に、この本は刺さ…

「嫌われる勇気」を読んだけど「課題の分離」から先に進めない人へ

結局何すればいいんだっけ?課題の分離? 嫌われる勇気を読んで、「で、結局何すりゃいいの?」となった人がいるのではないか。 この本では、話題があっちいったり、こっちいったりするため、話の筋道を追いかけるのが割としんどい。 私も、最初に読んだ際に…

心穏やかに過ごしたい --気楽なさとり方--

気楽なさとり方 作者:宝彩 有菜 発売日: 2015/11/18 メディア: Kindle版 ■心の平穏を得たい 私にとっての幸せは、心のザワザワから解放されることだ。 初対面の人と会う予定がある時、面識浅い奴にイジられた時、三人で並んで歩くと必ず私が半歩後ろのポジシ…

「変わらなきゃ」を手放し、内向的な自分を武器にする。---「内向型を強みにする」---

内向型を強みにする 発売日: 2013/06/16 メディア: Kindle版 私は典型的な内向型人間だと思う。物心ついたときから人見知りで、他人が家に来た時には部屋の奥に隠れ、身内である親戚の集まりでもいつも居心地が悪い思いをしていた。自分の名前を口にすること…

プライバシーポリシー

この記事は当ブログにおける個人情報の取り扱いや免責事項などをまとめたものです。