>

天竺目指して、ひきこもる。

いまより知的で気楽に生きるために役立つ本を紹介します。

【読書効果UP】kindleアプリ(PC版&iPhone版)でハイライト箇所を一覧出力する方法

 

f:id:zuczuc:20210404114020j:plain

kindle本では、読書中に重要だと感じた箇所にハイライトをつけると、あとから簡単に検索ができて非常に便利だ。

 

ただ、読書後に本の内容の復習やまとめのために、ハイライト箇所を一覧で表示する機能がわかりずらい

。「ノートブックの表示」を開くと、ちょっと見ずらいし、内容をコピーしたり加工できなくて少し不便。

 

kindle for PCのハイライト一覧▼

f:id:zuczuc:20210404120406p:plain

 

そこでこの記事では、

ハイライトした箇所を一覧で見やすく表示させる方法について紹介する。

 

 

ハイライト箇所を出力する2つの方法

ハイライトを出力する方法として、2つの方法を紹介する。最初にそれぞれのメリットデメリットをまとめておく。

2つとも、PC版およびiPhone版どちらのアプリでも利用できる。

  メリット デメリット

 

ハイライト箇所をhtmlファイルとして出力する

・外部ファイルとして出力できる
・引用文も作成できる。
・出力数に上限がある。

フラッシュカードを作成する

・出力数に上限がない。 ・出力結果はkindleアプリ内でしか利用できない。
・引用文は出力されない。

ハイライト箇所をhtmlファイルとして出力する

ハイライトをつけた箇所をhtmlファイルとして出力して、下の図のようにブラウザで表示することが出来る。

f:id:zuczuc:20210404152157p:plain

kindle for PCの場合

読書画面で「ノートブックを表示」⇒「エクスポート」の順に押す。

f:id:zuczuc:20210404132912p:plain

f:id:zuczuc:20210404133127p:plain

 

一度にエクスポートできる範囲に上限がある。次のようなポップアップ表示の場合は、範囲内であるので問題ないため、OKを押す。

OKを押すと、ファイルの保存ダイアログが出てくるので、好きな場所に保存。

f:id:zuczuc:20210404133425p:plain

 

作成されたファイルを開くと、ブラウザで表示される。

f:id:zuczuc:20210404152300p:plain

 

◆エクスポート時に警告が出たとき◆次のような表示がされた場合は、ハイライトの範囲が1回でエクスポートできる上限を超えている。このまま進んでもエクスポートできるが、上限を超えた部分はカットされる。
f:id:zuczuc:20210404134140p:plain

このような場合は、キャンセルで戻り、フィルターの設定を変更するなどしてエクスポート範囲を絞り込む。
f:id:zuczuc:20210404134635p:plain

 

iPhoneアプリの場合

iPhoneアプリの場合は、メール経由でエクスポートできる。

読書画面で次の手順で操作していく。

f:id:zuczuc:20210404140743p:plain

 

f:id:zuczuc:20210404141032p:plain

 

f:id:zuczuc:20210404141201p:plain

 

引用著者名の表記法を選択。特にこだわりがなけれな「なし」を選ぶ。

f:id:zuczuc:20210404141405p:plain

 

エクスポートを押すとメール送信画面が出てきて、htmlファイルを送信できる。

f:id:zuczuc:20210404141704p:plain

フラッシュカードを作成する

htmlファイルを作成する方法だと、上限があるためちょっと鬱陶しい。その代替手段として、フラッシュカードの作成という方法が使える。

 

こちらは、アプリ内での閲覧になるが、下の図のようにハイライトをつけた部分を上限なしで一覧化できる。

f:id:zuczuc:20210404142653p:plain


また、コピーもできる。

f:id:zuczuc:20210404143031p:plain

 

kindle for PCの場合

「ノートブックを表示」 → 「+フラッシュカード」

f:id:zuczuc:20210404143311p:plain

 

任意の名前を設定して、OK。

f:id:zuczuc:20210404143408p:plain

スタート地点

ゴール地点ですよ

作成されたフラッシュカードの画面になる。下の「デッキを編集」を押す。

f:id:zuczuc:20210404143555p:plain

 

こんな感じで、一覧画面になる。カードをクリックするとカードの編集画面になる。

f:id:zuczuc:20210404143719p:plain

カードの編集画面では、コピーも可能。

f:id:zuczuc:20210404143941p:plain

 

iPhoneアプリの場合

読書画面で次の手順で操作していく。

f:id:zuczuc:20210404140743p:plain

f:id:zuczuc:20210404141032p:plain

f:id:zuczuc:20210404144444p:plain

 

任意の名前を設定して、保存。

f:id:zuczuc:20210404145226p:plain

 

デッキの編集を押す。

f:id:zuczuc:20210404144814p:plain

カードの一覧画面になる。

カードをタップすると編集画面となり、コピーもできる。

f:id:zuczuc:20210404145011p:plain

 

 

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 電子書籍リーダー

  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: エレクトロニクス
 
Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB

Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB

  • 発売日: 2020/06/03
  • メディア: エレクトロニクス